2010年8月8日日曜日

議論のファシリテーションについて

先日とある、議論に参加しました。一部の人は知り合いだったようですが
ほとんどの人がその時が初見、ただ集まった目的や背景は理解しているがそこに
いる人がどんな人かは全くわからない、という状態

当然テーマが主催者から与えられ、とっかかりもあったのにもかかわらず
なんとなく、議論が発散した印象をもった。
(自分がかきまわしたのだが…)
ではなぜそうなったのか?

全員が平等であれば、議論をリードするのは声の大きい人で空気読まない人
かなと思っててそれは当たっている気がした。
それは参加者の属性がわからないからなのだ。
その人のもってるバックグラウンドや専門性がわかれば、大体どの立場で
話をするのか、という暗黙の合意形成がなされるがそれがないとどうもならない。
ただ、それは必ずしも悪いことじゃなくて、そういう前提を置かないがゆえに
あまり気にせず発言できるというメリットもある。もしかしたらその人が専門
だと思っているものより、それ以外の人が専門と思っていないところの
思想や意見の方が、より重要な場合もあるわけで。
どちらが正しいか、より建設的な議論になるかは状況次第なのかな。
なんとなく、ケースバイケースでありながらも今回のようなケースに適用できる
形はあるかと思うのですが・・・

これといった結論はないけど、メモ

1 件のコメント:

Unknown さんのコメント...

The casino casino hotel at Harrah's and the LINQ - Air Jordan
The casino hotel at air jordan 18 retro yellow Harrah's and air jordan 18 retro men blue online the LINQ Hotel in Las Vegas is the most beautiful place to be air jordan 18 retro yellow order if you're going to where to buy air jordan 18 retro toro mens sneakers visit the action at the air jordan 18 retro yellow for sale